top-imageinfo.jpg




8月1日から基本手当日額等が変更




◆平均給与額の低下により、日額等も低下

雇用保険の給付額を算定するための基礎となる賃金日額の範囲等が、8月1日から変更されます。この賃金日額の範囲等については、毎月勤労統計の平均定期給与額の上昇または低下した比率に応じ、毎年自動的に変更されています。平成20年度の平均給与額が平成19年度と比べて約0.6%低下したために、以下の3点が変更されます。

1.基本手当日額の最高額および最低額
(最高額)
 60歳以上65歳未満 6,741円 → 6,700円
 45歳以上60歳未満 7,730円 → 7,685円
 30歳以上45歳未満 7,030円 → 6,990円
 30歳未満      6,330円 → 6,290円
(最低額)
1,648円 → 1,640円

2.失業期間中に自己の労働による収入がある場合に、基本手当の減額の算定に係る控除額
 1,334円 → 1,326円

3.高年齢雇用継続給付の算定に係る支給限度額
337,343円 → 335,316円

【村岡社会保険労務士事務所グループサイト】
労働契約と就業規則対策室
助成金申請サポート・大阪
労働基準法・労働法・労務管理実務一口メモ
大阪・派遣許可対策室(人材派遣業設立手続代行)
「大阪・派遣許可対策室」ブログ版
労働安全衛生法の基礎知識
育児・介護休業法の解説
男女雇用機会均等法・セクハラ対策
大阪@開業社労士 村岡社労士事務所ブログ
村岡社労士事務所 事務所ニュース
大阪の特定社労士 村岡社労士日記


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。